就職と年齢

転職と年齢の関係

中途採用者が増加傾向にあるようです。

 

以前は終身雇用が当たり前でしたが、最近はその限りではなくなっています。

 

最近では、年とは無関係に転職をする人や転職を成功させる人が多くなってきています。

 

途中で転職を諦めてしまう人も少なくありません。

 

転職サービスを使って、転職活動をスムーズに進めたいものです。

 

一般的に転職を考える年齢は30代後半で考える割合が多いといいます。

 

ただし、転職を考えた人が全て転職をするのではなく、実際は60%余りが転職を諦めています。

 

女性は男性より転職する傾向が強く、30代後半の男女の転職を比べた場合、男性の方が実際の転職率は低いというデータもあるようです。

 

年齢によって転職者数が違うのは、子育てや家族を養うことができるような環境を求める心理が作用しているようです。

 

今の会社の状況を改善させることによって、転職の必要がなくなったという事例も少なくないようです。

 

反対に女性の場合は、キャリアのある人は特に年齢を武器にして転職希望の企業へアピールをすることで転職に成功している例が多くあるようです。

 

人によって、転職活動のきっかけは違います。

 

職場環境に馴染めないなどの理由で転職をする人は、希望に合わない職業への転職でも行う傾向があるとされています。

 

最近では、年齢や学歴にこだわらず、実績や経験を重視し、人柄や職歴に基づいて中途採用者を選んでいるという会社が多くなっています。

転職を考える年齢

転職活動は30代後半に特に増えるようですが、一方求人はどのくらいあるでしょう。

 

職務に対する正当な評価が得られていない、実績をあげていても待遇が良くならないなどで転職を考える人もいます。

 

今の会社よりも待遇が良く、働きがいのある仕事をしたいからと転職をする人は少なくないようです。

 

とはいえ、転職をした人の中で収入アップにつながったという人は全体の3割、逆に収入がダウンしたという人は全体の約4割だといいます。

 

不景気の影響で業績悪化に苦しむ企業は多く、転職によって収入を増やすことは簡単なことではないようです。

 

転職してすぐにではないが将来的に年収アップが見込める場合もあります。

 

求められる職務内容と自分の能力をトータルで考えた上で、転職後に評価が上がるだろうと転職を決める方もいます。

 

転職の動機がキャリアではなく、家庭や趣味にあるという方もいるようです。

 

殆ど残業が無い仕事を選ぶなど、転職して優先したいこと、優先順位を決めておくことで転職後の満足度も大きく異なってきます。

 

多くの転職希望者の中で年齢にもよりますが、男性は家族の理解が必要です。

 

まずは家族の理解が得られなければ転職は難しくなっています。

 

女性は男性に比べると年齢に関係なく、自分自身が良いと思えば転職を決める傾向にあるようです。

 

中途採用者を対象とした求人は様々なものがあり、転職の形も今までの技術を活かした同業への転職や、全く未経験の分野への転職などもあります。

年齢に関係の無い転職

転職はどの年代の人でも行う機会があることですが、他社からのオファーなどがきっかけにもなります。

 

その企業が即戦力になる人材を求めている場合、性別や年齢よりも実績や技術を重視して転職してほしい人を選ぶのではないでしょうか。

 

相手企業に声をかけてもらって転職という状況は、あまり現実的ではないだろうと思っている人もいます。

 

自社の営業ノウハウを高めるため、全くの他業種の保険営業の人に転職してきてもらい、要職についてもらったという事例も存在しています。

 

転職の誘いが突然会社にかかってきて、仕事中にオファーを受けたというエピソードもあるようです。

 

転職サイトに自分の情報を登録する時は、ここが自己アピールの場として、自分自身の職歴や実績、キャリア、スキル、技術を入力しましょう。

 

サイトによっては、企業側から条件に合う人にスカウトメールを出すこともあるようです。

 

以前と比べて転職と言えども簡単で身近なものになってきたと言えるのではないでしょうか。

 

定年退職後に、再び働き口を探して転職活動をするという人もいます。

 

年配者による転職活動であり、豊富なキャリアを有する人となります。

 

以前の取引先から声がかかり、転職を果たしたという人もいるようです。

 

日本の高齢化は徐々に進んでおり、定年退職を迎える年齢もアップしているといいます。

 

今後は、年配者の転職活動を想定した求人情報などが重要になってくるかもしれません。